白山を歩いて2

アクセスカウンタ

zoom RSS 槍-大天井-常念-蝶(後編)

<<   作成日時 : 2017/08/18 13:24   >>

トラックバック 0 / コメント 10

槍-大天井-常念-蝶(平成29年8月14-17日)

三日目(8月16日)

大天荘は綺麗で食事もおかずが2種類あって選べるなど燕山荘の系列だけあってとても良い山小屋でした。

雨の中(5時55分)出発です、カメラはタオルに巻いてビニール袋に入れてひたすら歩く積りです、でも今日あたり雷鳥が見られるかも。

東天井岳はトラバースしていたので6時45分ころ知らぬ間に通過していました。

8時5分、青空が見えたので横通岳を振り返りました
画像

8時25分・常念乗越(常念小屋)に到着、トイレ休憩をし8時45分いよいよ常念岳への登りです、地図には1時間と書いて有りましたが我々の足にはキツイ、長い、1時間35分掛かって10時20分やっと、本当にやっと到着しました。

記念撮影だけしてすぐに通過です
画像

画像

常念岳の長い下りに見えた稜線です
画像

長い常念岳を下り切ったところで昼食(12時半頃)、次の2592mmピークを下ると今日最後のピーク・蝶槍への登り、標高差約200mmの登りに備え小休止(1時30分頃)、登り始めると雨は本降り、蝶槍を2時20分通過、ここまで来ればもうキツイところは無し。

広い尾根をゆるく登っているとやっぱり居ました雷鳥の親子 (紙谷さん提供)
画像

暫く行くとまたもや親鳥と子が3羽、子はあっちへウロウロ、こちへウロウロ、親鳥が心配して鳴いて子を呼んでいます。 雷鳥を撮り終え暫くで横尾への分岐です。

3時20分、蝶ケ岳ヒュッテに到着、上から下までずぶ濡れです、濡れたのもを乾燥室にぶら下げ、上から下まで着替えるとやっと一息、生き返ります。 夕食までの間お菓子をかじりながらゴロゴロ、明日の天気予報を見ると夜中から明日のお昼頃まで赤マーク、ご来光が拝めるかも! 最後にご褒美をくれるかも!

期待してお休みなさい!!



四日目(8月17日)最終日

朝〜〜〜    晴れています。

ヒュッテ前の展望台へ、日の出前の槍から奥穂までの大パノラマです、奥穂の小屋の灯りが見えます
画像

昨日苦労した常念岳、登りも下りも長かったなぁ〜
画像

穂高連峰と大キレット
画像

モルゲンロートです
画像

雲海が金色に
画像

記念撮影をお願いしました
画像

朝食を済ませいよいよ帰りますよ〜  ブロッケンが見えています
画像

この景色です、なかなか足が進みません
画像

ヒュッテの直ぐ上が蝶ケ岳の頂上
画像
                    
最後に常念岳をもう一枚
画像

下り始めると直ぐに樹林帯に入りあの素晴らしい景色とはお別れです。

妖精の池 (妖精かなぁ?)
画像

水面から霧が (これは妖精かも!)
画像

頂上を6時30分に出発して徳沢園に9時30分に到着、長塀尾根とは良く言ったもので本当に長い、これを登ってくる人が結構居る、頂上へ登るまで全く展望が無い、登りたくないね。 明神まで1時間、ここでソフトクリームを頂いて小休止、ここからバスターミナルまでまた1時間10分、11時35分に到着。 バスターミナルの二階で(田中陽気さんのカツ丼で有名?)カツ丼を食べました(1,300円)。  バスを乗り継ぎ新穂高の西穂高ロープウェイの駅へ。 自分の車を取りに林道を約20分、やれやれ長かった四日間の山行きも終了です。 途中露天風呂で汗を流し、伸びた髭を剃りサッパリ。 神岡まで走ってくると土砂降り。

今回の長い縦走も無事終了、有難うございました。





月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
大いに参考になりました。今回私たちは一の沢から常念岳に登ることにしました。常念から蝶が岳がかなり時間がかかりそうですね!また教えてください!
光甚
2017/08/18 23:15
光甚様
おはようございます
天気が良ければ常念から蝶の間は最高ですよ、紅葉の時期が良いんだけどなぁ?!
Yamakiti2702
2017/08/19 07:55
槍ケ岳から蝶ケ岳の縦走お世話になりました。済んでしまえは長かった4日も
夢のようです。雨も仕方がない程度で良かったです。お陰で雷鳥にも会えたし・・奥さんも槍の穂先に登れて良かったです
済んでしまえは・・もう止めたロングコースも来年が楽しみです
今年はお花が結構楽しめましたね、来年も頑張ろう
道ちゃん
2017/08/20 16:24
道ちゃん様
北アの縦走、お疲れ様でした。 私は足が壊れました、頭と体は別物ですね! 次の日曜までに直さなきゃね! 来年も頑張ろうか、うん!
Yamakiti2702
2017/08/20 18:00
槍!素晴らしい!
モルゲンロートや黄金の雲海がまばゆく、稜線が険しくも美しい!
私もトレーニングを積んでいつか行ってみたいです。
またいろいろ教えてくださいね。
あきこ
2017/08/21 00:25
あきこ様
おはようございます
小雨の中の縦走でしたが最後に「朝日に染まる穂高連峰」と言うご褒美を呉れました。自然の厳しさと優しさを感じた山旅でした。 今度は紅葉の白山を歩いてみませんか!?
Yamakiti2702
2017/08/21 07:55
ありがとうございます!
山はたくさんのご褒美を下さいますね。

前回の白山はあいにくの雨模様でしたが、お花をたくさん見ることが出来、あれ以降、花の名前を覚えるのが楽しくなりました。山の愉しみは深いですね。
次回、紅葉の時期にご一緒させていただけたら嬉しいです。
あきこ
2017/08/21 16:20
あきこ様
おはようございます
Y.Oさんにも相談しますね!
Yamakiti2702
2017/08/22 07:37
ロングコ−スお疲れ様でした。暑さと雨の中!体力と気力の勝負ですね。25年前に歩いた景色を思い出しています。常念岳と蝶が岳から眺められた穂高連邦、槍は忘れません。次回は白山から眺めるのを楽しみに歩きます。又会いましょう!
三国の山さん
2017/08/23 10:15
三国の山さん様
こんにちは
25年も前に歩かれて居るんですね、キャリアを感じます。 私は17、8年前に三俣から入山し前常念-常念-蝶-三俣を日帰りしたことが有りますがお互いに若かったんですね! 白山をゆったり歩いたほうが良いですね、また白山で!!
Yamakiti2702
2017/08/23 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
槍-大天井-常念-蝶(後編) 白山を歩いて2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる