護摩堂山

護摩堂山(谷トンネルより) 令和2年2月15日(土)

お天気が続いたので山の雪が減ったかも? 今日は何処に登っても良い景色は期待出来ないだろう! 以前登ったことのある谷トンネルの上の加越国境稜線を歩こうかと家を5時30分に出発。 取立山への駐車場には既に車が5~6台、横目に見ながら通過。 笈の水谷の登り口は雪が切れていて登りにくそう。 谷トンネルに到着、此処も雪が切れていて加越国境の稜線への直登は無理。 仕方が無いので此処から護摩堂山へ登ります。 準備をしカンジキを付けて6時50分に歩き出す。

途中畑さんが見つけたウスタビガの繭
_DSC0737-HP.jpg
林道から山に入ると藪、藪の連続です(これは帰りに撮ったヤラセ写真です)
_DSC0743-HP.jpg
10時5分、頂上に到着、笈の水谷から登ったと言う先客が一人

晴れの予報だったのに? でも白山はバッチリ!
_DSC0738-HP.jpg
取立山、コツブリ山、鉢伏山、大長山も見えています
_DSC0739-HP.jpg
福井方面
_DSC0740-HP.jpg
早めの昼食を済ませ10時50分、帰ります。

記念撮影を忘れたので頂上直下で
_DSC0741-HP.jpg
登るときに見落とした「谷峠の大杉」です、「泰澄大師の杉箸」の伝説が有るそうです
_DSC0746-HP.jpg
鉄塔の所から白山がみえました
_DSC0747-HP.jpg
1時25分、車の所へ帰着、結局青空はなし。
大野の「あっ宝んど」で冷えた身体を温めていると青空がチラリ、あ~ぁ。

今日も有難うございました。







この記事へのコメント